フィリピンの不動産、海外不動産、コンドミニアムを多数ご紹介。フィリピンで不動産投資、購入、移住、留学、資産分散をご検討ならフォーランドリアルティネットワーク

フィリピン不動産のフォーランドリアルティネットワーク

【不動産投資に最適】フィリピン、マニラ首都圏、セブの格安、高品質な投資・居住用不動産を多数ご紹介。

【重要】物件価格は2017月9月15日現在の為替相場(1PHP=2.14円)で換算表示

日本拠点

日本拠点 フォーランドリアルティネットワーク株式会社東京駅よりタクシーで5分

フォーランドリアルティ
ネットワークジャパン株式会社

東京都千代田区内幸町1-1-1
帝国ホテルタワー16階

日本拠点

フィリピン拠点

フィリピン拠点

Foreland Realty Network, Inc.

23F Tower 6789, 6789 Ayala Avenue, 1227 Makati City, Manila

シンガポール拠点

シンガポール拠点

Foreland Realty Network
Singapore Pte.Ltd.

9 Raffles Place #58-26,
Republic Plaza,Singapore 048619

マレーシア提携企業

マレーシア拠点

Aqua White Home Sdn. Bhd.

28-01 ,Integra Tower ,The Intermark ,348 Jalan Tun Razak , Kuala Lumpur




バケーションレンタル(Airbnb)基本情報

Airbnb とは?

空き部屋などの物件を貸し出したい「ホスト」と、宿泊先を探している旅行者である「ゲスト」を結び付ける、「民泊」の世界最大の宿泊先プラットフォームを提供する「Airbnb」。近年、注目を集めるAirbnbは、2008年に米サンフランシスコで創業。現在は世界192ヶ国の34,000以上の都市で宿泊場所が存在し、登録物件数は200万件以上、宿泊利用者は累計6000万人を突破。同社サービスの利用者は増加を続けており、2015年の夏のピーク時には一晩で100万人がAirbnbを利用したとも推測されるなど、急成長を遂げています。アメリカ・ニューヨーク市ではホテル需要の10%弱を占めるほどに成長しており、Airbnbの企業価値自体も米高級ホテルチェーンを大きく上回ります。
Airbnbの魅力は、ゲストからすると、現地ホテルと比べて安く宿泊できることが最大の魅力となります。また、ホストからすれば、場所が良ければ、通常の賃貸経営よりも高い収益性を期待できることが最大の魅力となります。

急拡大するフィリピンのAirbnb市場

フィリピンのマニラ首都圏では外国人旅行者が増加し、ホテルの宿泊料も高止まりしている中、東京と同様に「民泊」の需要も急拡大しており、2015年もAirbnb市場は大幅成長を記録するなど、ASEAN諸国の中でも成長が著しいエリアになっています。

フィリピン観光省の発表では、外国人旅行者数は2015年に536万人(前年比+10.9%)と、初めて500万人の大台を突破し過去最高を記録。世界的に見ても伸び余地がまだまだ大きい中、経済的にも目覚ましい発展を遂げるフィリピンの注目度は年々高まっており、海外企業の進出が増えると共に、ビジネスでマニラ首都圏を訪れる外国人旅行者数も増加しています。更に国家プロジェクトである世界最大級の複合カジノリゾート「エンターテインメント・シティー・マニラ」の開発もマニラ首都圏のベイエリアで進行する中、政府は外国人旅行者をさらに誘致するため、インフラ整備や海外での宣伝等による環境整備を推進しています。

フィリピン外国人旅行者数 マカティCBD人通り

経済成長・所得増と共に、国内旅行者数も右肩上がりとなっており、2015年に一人当たりGDPは消費が爆発すると言われる3000米ドルを超えたと見られるなど、将来的に国内旅行需要も一層増大し、それと共にホテルなど宿泊先の需要も年々増大することが予想されます。

旅行者数が増加する中、マニラ首都圏はビジネス・繁華街等の都心好立地にて、物件をAirbnbで運用すれば、高い稼働率・収益性を期待しやすい市場となっています。実際、2015年のマニラ首都圏のホテルの平均稼働率は約70%ですが、都心一等地の高級ホテルは平均以上の稼働率となっており、同じ一等地でも高級ホテルより割安な価格であれば、Airbnb物件は宿泊するゲストを惹きつけやすいと言えるでしょう。

Pocket

ページの先頭へ