フィリピンの不動産、海外不動産、コンドミニアムを多数ご紹介。フィリピンで不動産投資、購入、移住、留学、資産分散をご検討ならフォーランドリアルティネットワーク

フィリピン不動産のフォーランドリアルティネットワーク

【不動産投資に最適】フィリピン、マニラ首都圏、セブの格安、高品質な投資・居住用不動産を多数ご紹介。

【重要】物件価格は2017月11月17日現在の為替相場(1PHP=2.22円)で換算表示

カートを見る

日本拠点

日本拠点

フォーランドリアルティ
ネットワークジャパン株式会社

東京都千代田区内幸町1-1-1
帝国ホテルタワー16階

日本拠点

フィリピン拠点

フィリピン拠点

Foreland Realty Network, Inc.

23F Tower 6789, 6789 Ayala Avenue, 1227 Makati City, Manila

シンガポール拠点

シンガポール拠点

Foreland Realty Network
Singapore Pte.Ltd.

9 Raffles Place #58-26,
Republic Plaza,Singapore 048619

マレーシア提携企業

マレーシア拠点

Aqua White Home Sdn. Bhd.

28-01 ,Integra Tower ,The Intermark ,348 Jalan Tun Razak , Kuala Lumpur




売買物件フィリピン売買物件 [ 物件詳細情報 ]

20041フィリピン不動産No
アブリーザ プレイス (Abreeza Place)

種別コンドミニアム (Tower1:2016年末、Tower2:2018年完成予定)
エリア その他エリア
所在地 Abreeza, J.P. Laurel Ave., Bajada, Davao City
開発会社 Alveo Land
基本情報 総戸数768戸 (26階建て)
タイプ間取り参考価格専有面積お気に入りに追加
タイプA Studio 758万円 (3,413,393PHP) 31㎡ お気に入りに追加
タイプB 1Bed 1,492万円 (6,720,536PHP) 53㎡ お気に入りに追加
※ユニット価格は階数、諸条件などにより上下します。詳細はお問い合わせください。
Pocket

       
設備・条件病院近い、プール、ジム、プレイグラウンド、ゲームルーム、屋上庭園、クラブハウス、先行販売、ファンクションルーム、マルチメディアルーム、ラウンジ
コメント

「Abreeza Place(アブリーザ プレイス)」は、豊かな自然に恵まれ、治安も良好なことで知られる、フィリピン南部の政治・経済・文化の中心地でマニラとセブに次ぐ第3の都市「ダバオ」において、国内最大手デベロッパーグループが進める人気No.1ショッピングモールを中核とした複合開発プロジェクトの一角に、2018年にかけて順次完成を予定(第1フェーズ)している、26階建て、全768戸の高級コンドミニアム(高級マンション)です。

本物件の開発は、フィリピンNo.1デベロッパー「Ayala Land」の中核子会社であり、グループのアッパーミドル層向け住宅開発を担う「Alveo Land」が担当。本物件はAyalaグループがダバオで推進している複合開発プロジェクト「アブリーザ」の一角に誕生するもので、エリア内には人気No.1ショッピングモール「アブリーザ モール」や、4つ星ホテル「セダ アブリーザ ダバオ」、ビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)企業等が入居するオフィスビル「アブリーザ コーポレート センター」といったAyalaグループが運営する施設がすでに誕生しています。
Ayalaグループはマニラ首都圏では「マカティCBD」や「ボニファシオ・グローバルシティ」、セブでは「セブ・ビジネスパーク」といったように、主要都市におけるビジネス・商業の中心地となるエリアを創り上げてきた都市開発の実績があり、本物件周辺もダバオ経済をけん引する中核エリアとして発展していくことが期待されます。

「アブリーザ モール」以外にも、車で10分圏内にはダバオを代表する大型ショッピングモール「SMラナン プレミア」を筆頭に大型商業施設が多く、生活利便性は抜群。また、「ダバオ医科大学付属病院」などの充実した設備を有する複数の総合病院を車で5分圏内に収めるほか、同15分の場所には最先端の医療設備を備え、日本人対応ヘルプデスクも設置している「ダバオ ドクターズ ホスピタル」もあるなど、医療面でも安心できるロケーションを誇ります。
温暖で過ごしやすい気候や豊かな自然、良好な治安、日系人も多く親日的、といった様々な魅力が詰まったダバオは、フィリピン観光省や多くのメディアから「フィリピンで最も住みやすい都市」と評され、ロングステイ先としての人気も高まりつつありますが、日本人でも生活しやすい優れた住環境を誇る本物件は、そうしたニーズも満たすことができる優良物件と言えます。

また、IT産業の集積地となることを目指した「シリコン・ガルフ」構想の下、近年、ダバオには欧米の大手BPO企業などが相次いで進出。同産業がけん引役となる中、ダバオは2014年の域内総生産(地域別GDP)成長率で前年比+9.4%と、フィリピン全体の+6.1%を大きく上回り、地域別で最大の伸びとなるなど、フィリピン屈指の経済成長を続けています。
マニラ首都圏やセブ都市圏に比べて開発余地が大きいダバオは、不動産投資先としても成長性の高い注目のエリアであり、その中核エリアとなることが期待される好ロケーションに誕生する「アブリーザ プレイス」は、将来的な資産価値の上昇なども期待できることでしょう。

ご興味をお持ちの方は、是非お早めにお問合せください。

Pocket

ページの先頭へ