フィリピンの不動産、海外不動産、コンドミニアムを多数ご紹介。フィリピンで不動産投資、購入、移住、留学、資産分散をご検討ならフォーランドリアルティネットワーク

フィリピン不動産のフォーランドリアルティネットワーク

【不動産投資に最適】フィリピン、マニラ首都圏、セブの格安、高品質な投資・居住用不動産を多数ご紹介。

【重要】物件価格は2017月11月24日現在の為替相場(1PHP=2.20円)で換算表示

カートを見る

日本拠点

日本拠点

フォーランドリアルティ
ネットワークジャパン株式会社

東京都千代田区内幸町1-1-1
帝国ホテルタワー16階

日本拠点

フィリピン拠点

フィリピン拠点

Foreland Realty Network, Inc.

23F Tower 6789, 6789 Ayala Avenue, 1227 Makati City, Manila

シンガポール拠点

シンガポール拠点

Foreland Realty Network
Singapore Pte.Ltd.

9 Raffles Place #58-26,
Republic Plaza,Singapore 048619

マレーシア提携企業

マレーシア拠点

Aqua White Home Sdn. Bhd.

28-01 ,Integra Tower ,The Intermark ,348 Jalan Tun Razak , Kuala Lumpur




売買物件フィリピン売買物件 [ 物件詳細情報 ]

20008フィリピン不動産No
Citadines ミレニアム (Citadines Millennium Ortigas)

種別サービスアパートメント (2017年完成)
エリア オルティガス地区
所在地 Ortigas Avenue, Pasig City
開発会社 CDC Holdings
基本情報 総戸数280戸 (32階建て 地下6階)
タイプ間取り参考価格専有面積お気に入りに追加
タイプA Studio 1,017万円 (4,621,400PHP) 33.01㎡ お気に入りに追加
タイプB 1Bed 1,809万円 (8,222,200PHP) 58.73㎡ お気に入りに追加
タイプC 2Bed 2,666万円 (12,117,000PHP) 86.55㎡ お気に入りに追加
タイプD 3Bed 4,338万円 (19,717,600PHP) 140.84㎡ お気に入りに追加
※ユニット価格は階数、諸条件などにより上下します。詳細はお問い合わせください。
Pocket

       
設備・条件学校近い、病院近い、プール、ジム、コンビニ、屋上庭園、ビジネスセンター、先行販売、ラウンジ、ファンクションルーム、デイケアセンター、会議室
コメント

「Citadines Millennium Ortigas (シタディーン ミレニアム オルティガス)」は、「アジア開発銀行本部」があることでも有名なマニラ首都圏のビジネス・金融の中心地「オルティガス地区」の一等地に2017年誕生予定、世界最大級のサービスアパートメント運営会社が運用する全280戸のサービスアパートメントです。
地上32階建てとなる本開発全体は「CDC Millennium Ortigas(CDC ミレニアム オルティガス)」と呼ばれ、サービスアパートメント(4~24階)の上層階は高級コンドミニアムとなります。

世界20カ国以上70超の都市でサービスアパートメントを3万戸以上展開し、世界的な旅行専門雑誌「ビジネス・トラベラー」誌の「2013年 ベストサービスアパートメントブランド アジア太平洋」を受賞するなど、国際的にも高い評価を得ているシンガポールの「アスコットグループ」がホテル運営するサービスアパートメントは、ヨーロッパを中心に展開中の同グループの「Citadines(シタディーン)」ブランドで運営されます。

「シタディーン ミレニアム オルティガス」の最大の特徴は、家具備付の10年間収益分配型のホテル運用物件という点。テナント付の心配から解放される一方、「アスコットグループ」の質の高い運営によって収益の安定性が期待され、フィリピン不動産が初めての方でも、そしてご経験が豊富な方にも長期間大きな安心を与えてくれる、不動産投資に大変適したポテンシャルの高い物件です。
本物件のデベロッパーである「CDCホールディングス」は、フィリピンにおけるサービスアパートメントの先駆者としても有名で、アスコットグループと前回タッグを組んだ「Somerset Millennium Makati(サマセット ミレニアム マカティ)」は、2000年の創業後、表面利回りも順調に伸び、直近では11~12%と堅調なトラックレコードを誇っています。

「シタディーン ミレニアム オルティガス」は首都圏でマカティに次ぐ2番目に大きなビジネス・金融の中心地「オルティガス」の一等地に誕生するため、人の流れが絶えない同エリアの海外駐在員・ビジネス客の取り込みも期待しやすく、部屋サイズも海外駐在員・ビジネス客向きのため、「サマセット ミレニアム マカティ」同様の成功が期待されます。

また、世界No.1の市場に成長しているコールセンター事業を筆頭に、「オルティガス地区」はフィリピンのBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)産業の中心地ということも相まって、今後も都心中枢の物件としてエリアの発展と共に、資産価値の向上も見込れます。

「シタディーン ミレニアム オルティガス」周辺には、直線約350メートルにある「ロビンソン・ギャレリア」をはじめ、「オルティガス地区」には「シャングリラモール」「SMメガモール」など大型ショッピングモールが5つあり、宿泊客にとっても大変便利なエリアです。

「アスコットグループ」が携わり、世界的なブランド名を冠に持つ「シタディーン ミレニアム オルティガス」。ご興味をお持ちの方は、是非お早めにお問合せください。

■建設進捗状況(2017年8月現在)
シタディーン ミレニアム オルティガス建設状況
Pocket

ページの先頭へ