フィリピンの不動産、海外不動産、コンドミニアムを多数ご紹介。フィリピンで不動産投資、購入、賃貸管理、転売をご検討ならフォーランドリアルティネットワーク

フィリピン不動産のフォーランドリアルティネットワーク

【不動産投資に最適】フィリピン、マニラ首都圏、セブの格安、高品質な投資・居住用不動産を多数ご紹介。

【重要】物件価格は2018月11月9日現在の為替相場(1PHP=2.14円)で換算表示

カートを見る

日本拠点

日本拠点

フォーランドリアルティ
ネットワークジャパン株式会社

東京都千代田区内幸町1-1-1
帝国ホテルタワー16階

日本拠点

フィリピン拠点

フィリピン拠点

Foreland Realty Network, Inc.

23F Tower 6789, 6789 Ayala Avenue, 1227 Makati City, Manila

シンガポール拠点

シンガポール拠点

Foreland Realty Network
Singapore Pte.Ltd.

9 Raffles Place #58-26,
Republic Plaza,Singapore 048619

マレーシア提携企業

マレーシア拠点

Aqua White Home Sdn. Bhd.

28-01 ,Integra Tower ,The Intermark ,348 Jalan Tun Razak , Kuala Lumpur




売買物件フィリピン売買物件 [ 物件詳細情報 ]

20064フィリピン不動産No
オレアン プレイス (Orean Place)

種別コンドミニアム (2023年末完成予定)
エリア ケソン市
所在地 North Triangle, Brgy. Bagong Pag-Asa, Quezon City
開発会社 Alveo Land
基本情報 総戸数611戸 (40階建て)
タイプ間取り参考価格専有面積お気に入りに追加
タイプA Studio 1,254万円 (5,859,000PHP) 33㎡ お気に入りに追加
タイプB 1Bed 1,970万円 (9,206,000PHP) 56㎡ お気に入りに追加
タイプC 2Bed 3,066万円 (14,325,000PHP) 89㎡ お気に入りに追加
タイプD 3Bed 4,679万円 (21,866,000PHP) 130㎡ お気に入りに追加
※ユニット価格は階数、諸条件などにより上下します。詳細はお問い合わせください。
Pocket

       
設備・条件学校近い、病院近い、ゴルフ場近い、プール、ジム、プレイグラウンド、先行販売、ファンクションルーム、アウトドアラウンジ、リテールなど
コメント

「Orean Place(オレアン プレイス)」は、フィリピン最大の人口を抱えるマニラ首都圏北部の都市「ケソン市」の中心エリアであり、官公庁や国立医療施設が集まることで知られる「ディリマン地区」に、フィリピン政府と国内No.1デベロッパーが共同で進める大型複合開発プロジェクトの一環として、2023年末に誕生を予定している、40階建て、全611戸の高級コンドミニアムです。

現在ケソン市では、マカティやオルティガスに続く新たなビジネスセンター(CBD)へと発展を遂げるべく、中心部に広がる大型公園 「ケソン・メモリアル・サークル」の南西に隣接する250ヘクタール超の広大な敷地を舞台に、大規模タウンシップ開発プロジェクト「Triangle Park」が進行
今回ご紹介する「オレアン プレイス」は、フィリピン経済の中枢「マカティCBD」や、近未来都市「ボニファシオ・グローバルシティ(BGC)」など、これまで数々の都市開発を成功させてきたフィリピン最大手デベロッパー「Ayala Land」と国家住宅庁が最強タッグを組み、同プロジェクトの中心開発としてエリア内で進めている大型複合開発計画「Vertis North」の一翼を担うもので、物件開発はAyalaグループの中核企業として高級物件を数多く手掛けてきた「Alveo Land」が行います。

本物件が誕生する「Vertis North」には、総額650億ペソ(約1300億円)が投じられ、45ヘクタールの敷地に住宅やオフィスビル、商業施設、ホテル、レジャー施設、公園など、ビジネスやライフスタイルの中心地として必要な施設が続々と誕生予定。すでにAyalaグループ運営の大型商業施設「Ayala Malls Vertis North」や、同運営ホテル「Seda Vertis North」などの一部施設は完成しており、将来的には比カジノ大手「ブルームベリー・リゾーツ」が手掛ける統合型カジノリゾートなども誕生を予定しています。また、近隣には比小売り大手SMグループが運営する国内最大級の商業施設「SM City North EDSA」や、Ayalaグループが運営する市内屈指の大型商業施設「TriNoma」なども既存施設としてあるため、本物件の居住者は恵まれた生活利便性を享受しながら、快適な生活を送ることができます。

さらに、「Vertis North」周辺はマニラ首都圏北部における交通ハブとしての役割も期待されており、現在、ケソン市からマニラ市中心部を経由し、湾岸部のパサイ市へと抜ける「LRT1号線」や、マカティやオルティガスを経由し、パサイ市へと繋がる「MRT3号線」という鉄道2路線が接続
加えて、将来的にはケソン市を起点に北のブラカン州へと延びる「MRT7号線」(2020年開通予定)や、日本から1000億円超の資金援助を受けて進められるフィリピン初の地下鉄整備プロジェクト「Metro Manila Subway」(2025年開通予定)の駅建設も予定されています。特に、ケソン市からオルティガスやBGCを経由し、ニノイ・アキノ国際空港へと繋がる「Metro Manila Subway」は、マニラ首都圏の交通の流れを劇的に変貌させる大変注目度の高いプロジェクトとなっており、同路線の誕生は本物件の資産価値にも大きなプラスとなることでしょう。

都市開発や鉄道整備の進展によって街のブランド価値の向上が見込まれる中、Ayala社はエリア内で20万人規模の新規雇用創出を予想しているなど、ビジネス層による住宅需要が拡大していく見通しであるほか、官公庁や国立医療施設、名門大学などが集まるエリアでもあることから、こうした施設で働く人々の受け皿としても期待される高級コンドミニアム「オレアン プレイス」。

ご興味をお持ちの方は、是非お気軽にお問い合わせください。

Pocket

ページの先頭へ