フィリピンの不動産、海外不動産、コンドミニアムを多数ご紹介。フィリピンで不動産投資、購入、賃貸管理、転売をご検討ならフォーランドリアルティネットワーク

フィリピン不動産のフォーランドリアルティネットワーク

【不動産投資に最適】フィリピン、マニラ首都圏、セブの格安、高品質な投資・居住用不動産を多数ご紹介。

【重要】物件価格は2024月5月24日現在の為替相場(1PHP=2.70円)で換算表示

カートを見る

日本拠点

日本拠点

フォーランドリアルティ
ネットワークジャパン株式会社

東京都千代田区大手町1-5-1
大手町ファーストスクエア ウエストタワー19階

フィリピン拠点

フィリピン拠点

Foreland Realty Network, Inc.

23F Tower 6789, 6789 Ayala Avenue, 1227 Makati City, Manila

シンガポール拠点

シンガポール拠点

Foreland Realty Network
Singapore Pte.Ltd.

9 Raffles Place #58-26,
Republic Plaza,Singapore 048619

マレーシア提携企業

マレーシア拠点

Aqua White Home Sdn. Bhd.

28-01 ,Integra Tower ,The Intermark ,348 Jalan Tun Razak , Kuala Lumpur




売買物件フィリピン売買物件 [ 物件詳細情報 ]

20079フィリピン不動産No
バンヤンツリー (Banyan Tree Residences Manila Bay)

種別コンドミニアム (2026年第2四半期完成予定)
エリア その他エリア
所在地 Tambo, Parañaque, Metro Manila
開発会社 TransAsia & Banyan Tree Group
基本情報 総戸数188戸 (33階建て)
タイプ間取り参考価格専有面積お気に入りに追加
タイプA 2Bed 29,598万円 (109,623,075PHP) 131.49㎡ お気に入りに追加
タイプB 3Bed 45,854万円 (169,830,241PHP) 204.15㎡ お気に入りに追加
タイプC 3Bed 123,512万円 (457,451,072PHP) 356.45㎡ お気に入りに追加
タイプD other 266,014万円 (985,237,983PHP) 857.36㎡ お気に入りに追加
※ユニット価格は階数、諸条件などにより上下します。詳細はお問い合わせください。
Pocket

       
設備・条件ゴルフ場近い、プール、ジム、スパ、駐車場(有料)、コンシェルジュ、先行販売、エグゼクティブラウンジ、ルーフトップバー、オールデイダイニング、レストラン、ビアガーデン、サンセットブールバードF&B、MICEスペース、会議室、結婚式場、キッズクラブ、サウナ、バンケットホール、ファンクションルーム、リテールスペースなど
コメント

夕日が美しい「マニラベイエリア」の人気カジノ施設と隣接する希少性の高いロケーションで開発が進む、世界的ホテルブランドの名を冠した国内最高級レジデンス「Banyan Tree Residences Manila Bay(バンヤンツリー・レジデンス・マニラベイ)」。今回ご紹介するのは、全3棟のうちの第1フェーズとして2026年第2四半期に完成予定の「Tower 1」(全188戸)です。


マニラベイエリアは、ニノイ・アキノ国際空港から車で10分ほどの場所に位置し、大型カジノ施設や国内最大級のショッピングモール「モール・オブ・アジア」、遊園地、コンベンションセンターなど、様々なエンターテインメント施設が集積するエリアです。その中でも本物件は、特に人気が高い世界水準の統合型カジノリゾート「オカダ・マニラ」の隣というプライムロケーションを誇ります。


物件の開発は、アジアを代表する高級ホテル運営会社「バンヤンツリー・グループ」と、フィリピン屈指の建設会社「トランスアジア・コンストラクション・デベロップメント」がタッグを組んで推進。フィリピン初進出となるバンヤンツリー・グループは、2030年までに同国でレジデンスやホテル、リゾート、ゴルフ場など様々な施設を開発する方針で、その大事な第1弾プロジェクトとなるがこの「バンヤンツリー・レジデンス・マニラベイ」です。


世界のセレブに愛される高級ホテルブランド「バンヤンツリー」の名を冠した本物件は、これまでのフィリピンにはない圧倒的なラグジュアリーさを誇る物件です。下層階には高級・高品質な商品を扱う各種専門店、スーパーマーケット、レストラン、カフェなどの入居が見込まれる延床面積6,000㎡規模の商業施設も併設予定で、利便性と贅沢を兼ね備えた住商一体型のレジデンスとなります。


また、高級ホテルブランド物件ならではのホテルライクなサービス・施設も魅力で、24時間対応コンシェルジュサービスの提供はもちろんのこと、上層階に入居する5つ星ホテル「バンヤンツリー・ホテル」の共用施設も利用可能。例えば、ルーフトップのプールやバーでは、世界三大夕日のひとつに数えられるマニラ湾の夕日を眺めながらくつろぎの時間を過ごすことができます。


さらに、本物件の購入者には、バンヤンツリー・グループの不動産オーナー向け会員制プログラム「サンクチュアリ・クラブ」の会員資格が付与(物件保有中は有効)。グループが世界25ヵ国以上で展開するホテル、リゾート、スパ、ゴルフ場、レストラン等における割引特典や、新リゾート開業時のトライアルステイへの招待など、様々なプレミアムサービスを享受することができます。


国内を代表するフラッグシップレジデンスとして高い資産性を発揮することが期待される「バンヤンツリー・レジデンス・マニラベイ」。その国々の不動産市場を象徴するような資産性に優れた最高級物件には、世界の富裕層が目を光らせているのが世の常であり、本物件にも今年3月の発売以降、国内の富裕層だけでなく、サウジアラビアやシンガポール、アメリカ、日本の富裕層からも多数の購入申し込みが入っています。


フィリピンの新たな顔となる物件だけに早期の完売が予想されますので、ご興味をお持ちの方は是非お早めにお問い合わせください。

Pocket

ページの先頭へ