フィリピンの不動産、海外不動産、コンドミニアムを多数ご紹介。フィリピンで不動産投資、購入、賃貸管理、転売をご検討ならフォーランドリアルティネットワーク

フィリピン不動産のフォーランドリアルティネットワーク

【不動産投資に最適】フィリピン、マニラ首都圏、セブの格安、高品質な投資・居住用不動産を多数ご紹介。

【重要】物件価格は2022月12月2日現在の為替相場(1PHP=2.41円)で換算表示

日本拠点

日本拠点 フォーランドリアルティネットワーク株式会社東京駅よりタクシーで5分

フォーランドリアルティ
ネットワークジャパン株式会社

東京都千代田区内幸町1-1-1
帝国ホテルタワー16階

日本拠点

フィリピン提携企業

フィリピン提携企業

Foreland Realty Network, Inc.

High Street South Corporate Plaza Tower 1 #1101, 9th Ave., Bonifacio Global City, Taguig, Manila

シンガポール提携企業

シンガポール提携企業

Foreland Realty Network
Singapore Pte.Ltd.

9 Raffles Place #58-26,
Republic Plaza,Singapore 048619

マレーシア提携企業

マレーシア提携企業「Aqua White Home」のオフィス外観

Aqua White Home Sdn. Bhd.

1-30-3, Berjaya Central Park, No.105, Jalan Ampang, 50450 Kuala Lumpur, Malaysia




バケーションレンタル(Airbnb)基本情報

Airbnb とは?

「Airbnb(エアビーアンドビー)」とは、空き部屋などを貸し出したい「ホスト」と、宿泊先を探している旅行者「ゲスト」を結び付ける、世界最大の「民泊」プラットフォームです。

2008年のサービス開始以降、爆発的な普及が進むAirbnbには、現在、世界220ヶ国・10万以上の都市に所在する700万超の物件が宿泊施設として登録されており、宿泊利用者は累計8億人を突破しています。Airbnbの総客室数は、世界の巨大ホテルチェーンTOP6社の合計客室数を上回る規模となっており、世界の観光市場においてもはや欠かせないサービスになっていると言えるでしょう。

ゲスト目線で見たAirbnbの最大の魅力は、現地ホテルと比べて安く宿泊できることです。また、ホスト目線では立地が良ければ通常の賃貸運用よりも高い収益性を期待できることが最大の魅力となります。

急拡大するフィリピンのAirbnb市場

フィリピン観光省によると、外国人旅行者数は2019年に820万人を突破し、過去最高を記録しています。そのため、マニラ首都圏などではホテル宿泊料の高騰によって民泊需要が急速に拡大しており、フィリピンのAirbnb市場の成長はASEAN諸国の中でも非常に高いものとなっています。

マニラ首都圏のベイエリアに国家プロジェクトとして世界最大級の複合カジノリゾート「エンターテインメント・シティー・マニラ」を開発したり、交通インフラの整備を進めたりと、政府がさらなる旅行者の受け入れに向けた積極的な動きを見せているうえに、海外企業の進出拡大と共にビジネス客の訪問も増加していく見通しであるため、フィリピンの宿泊需要は今後一段と拡大していくことが予想されます。

国民所得の増加によって国内旅行者数もさらなる増加が見込まれることも追い風で、開発余地が乏しく、新規のホテル供給が限定的となりやすいビジネス中心地のマカティCBDなどでは、特にAirbnbの役割が重要になっていくと考えられます。

訪フィリピン外国人旅行者数のグラフ

▲ホームに戻る

Pocket

ページの先頭へ